西日本建和協同組合の7つの強み

西日本建和協同組合の7つの強み

あいさつの実践

コミュニケーションをとるうえで、最も重要なあいさつを基礎から学び、仕事が円滑に回るよう教育を行っています。朝礼時にはあいさつの唱和を行い、日頃から日本のあいさつが身につくよう工夫しています。

  • TPOによるあいさつの使い分け
  • 職場でのあいさつの基本
  • 食事の際のあいさつ
  • ペアを組んであいさつの実践練習
あいさつの実践 西日本建和協同組合

仕事で使う日本語の習得 西日本建和協同組合

仕事で使う
日本語の習得

現場で飛び交う言葉を理解出来なければ、危険な事故にも繋がります。仕事で実際に使用する日本語を基礎から学び、日本人社員と一丸となって仕事に取り組めるようサポートしています。実習生それぞれの職種や生活環境に合ったカリキュラムで、日本語教育を行っています。

  • 敬語の基本
  • グループでの会話テスト
  • 職種別の日本語教育
  • 現場での体験学習

現場での安全知識

現場に立ってからではなく、現場に立つ前に安全知識教育を行っています。それぞれの現場で必要となる知識を、実際の現場や動画学習を通して一から丁寧に教え、実習生が安全に仕事ができるようサポートしています。

  • 安全知識の事前講習
  • 安全標識についてのテスト
  • 母国語による安全衛生DVD
  • 実践練習・テスト
あいさつの実践 西日本建和協同組合

あいさつの実践 西日本建和協同組合

道具の名前・使い方

仕事で使用する道具や器具を現地にも取り入れ、名前や使い方を習得することで、実際に現場に入る際の不安や疑問を解消できるよう取り組んでいます。

  • 現地専門講師による道具の名前、
     使い方の教育
  • シミュレーション講習
  • 使用時の注意点の教育
  • 実際の道具を使用した実践練習

報告・連絡・相談の
基本的な流れ

日本人なら誰もが知っている報連相の重要性ですが、海外の方も同じとは限りません。仕事の基本である報告・連絡・相談のやり方や意義について、現場での事例を用いながら指導しています。

  • 報告・連絡・相談の重要性
  • 報告・連絡・相談の一般的な流れ
  • 日本人講師による講習
  • 現場での実践練習
あいさつの実践 西日本建和協同組合

あいさつの実践 西日本建和協同組合

適度な運動
(体力づくり)

現場で働くには体力が重要です。当組合では、毎朝のラジオ体操や筋力トレーニングなどを行っています。また、毎日の健康観察・体調管理を徹底し、健康で元気な体づくりを心がけています。

  • 毎朝のラジオ体操
  • トレーニング場の提供
  • 入国前後の健康診断の実施
  • 運動イベントの開催

日本のマナーや
文化の教育

日本の独自の文化やマナーに困惑しないよう、日本語教育に加えて、基本的なマナーや文化講習会を設けています。日本での生活の中で、不安はつきものです。職員がこまめに実習生と連絡を取り合い、いつでもサポートできる体制を整えています。

  • ごみの分別の仕方
  • 近隣住民への配慮
  • 交通安全教育
  • 食事の際のマナー教育
あいさつの実践 西日本建和協同組合

お問い合わせはこちら 西日本建和協同組合

外国人技能実習生に関するご質問など、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
回答手段などご要望がございましたら、お問い合わせ内容欄にご記入ください。
電話:092-324-7708  [ 受付時間 ]平日8:00〜17:00

お問い合わせはこちら 詳細はこちら